FTGロープアクセス

  • 産業用ロープアクセスとは…挨拶に代えて

    Posted on

    by

    産業用ロープアクセスは、足場の得られない作業環境で行う高所作業の手法です。

    それは、作業者がロープで体を支えて清掃・点検・補修・塗装・溶接など様々な作業を行うものです。

    産業用ロープアクセスは、もともとは登山や洞窟探検の技術から発生したものですが、北海油田のプラットホーム・パイプライン等のメンテナンスで長年運用され、UKにおいて産業に適した安全な手法に成長しました。

    作業者には高い技術が求められます。安全性は極めて高いのが特徴です。

     

    欧州連合では産業用ロープアクセスの法制化が進み、2006年に製品規格EN12841が制定され、ロープのコントロールデバイスが各種開発されるようになりました。

    これらのプロフェッショナル製品は「安全帯の規格」が足枷になっている日本国内においても市場に供給されるようになり、訓練を受けていない人たちの間で見様見まねで使用される不安が生じています。

    しかしながら、2007年からIRATA(産業用ロープアクセス同業者協会・国際)のアセスメントを含む技能認定試験が国内でも開催されるようになり、今では200人近い認定技師が生まれています。

    加えて、アルテリア(プロフェッショナル製品の総合メーカー・ペツルの日本代理店)の技術講習と販売店である弊社FTGの技術講習を受けるユーザー様も増えて正しい技術を取得した人が多くなりました。

    弊社FTGは、いろいろな高所作業の実務に加えて、ペツル・プロフェッショナル製品の販売が主たる業務ですが、同時にユーザー様に正しい用法とレスキューなど安全技術を確実にマスターしていただけるよう、特に技術講習に力を入れています。

    安全な産業用ロープアクセス技術が広く国内に浸透し、かつ労働災害防止にも役立つことで、社会に貢献したいと考えています。

     

     

    風車で活躍するロープアクセスマンたち

     

    ラージリビレイの救助

     

     

    ロープアクセス訓練

    Posted in

    (コメントを残すときは、記事のタイトルをクリックしてください。)


  • わかりやすいリスクアセスメントの進め方

    Posted on

    by

    リスクアセスメントは、作業に潜む危険性・有害性を洗い出し、このリスクを摘み取るか、または低減するための手法です。

    これは事故を先取りし、まだ起きていない事故を未然に防ぐという、画期的な労働災害防止対策です。

    2006年4月1日以降、 すべての業種においてその実施が労働安全衛生法第28条の2によって努力義務化されました。ロープアクセスも例外ではありません。

    リスクアセスメントの5つのステップを以下に記します。

    ①    危険因子を洗い出す。

    ②    被害の対象者を探る。

    ③    リスクを見積もり、対策を立てる。

    ④    以上を文書化し、実行する。

    ⑤    リスクアセスメントの見直しと、新たな対策の計画

    最初の危険因子の洗い出しは、現場に潜む危険性・有害性の発見です。~なので ~になる というKYの第一段階と同じです。

    ここまでは全員参加で行うことができますが、以降は経験豊富なスーパーバイザーの仕事になります。

    どういうことかというと、危険性・有害性のあるモノの使用禁止や、安全装置のないモノに安全装置を付けるといった決定は、雇用者が行うもので、労働者には決められないからです。

    以下は、作業環境の、わかりやすいリスクアセスメント一例です。

    危険因子の洗い出し

     

     

    ハリボテが障害物

    墜落したとき頭部を打ち、脳挫傷

    負傷者はロープアクセスマン本人

    事故が発生する可能性は低く、5段階表示で2

    事故の結果は大きく、死に至る可能性もあり、5段階表示で5

    リスクは2×5=10点で中レベル リスクの低減対策が必要

    作業環境のリスクアセス
    危険因子の摘み取り

    対策は、ハリボテの撤去     『危険因子の摘み取り』はリスクアセスメントの最も望ましい結果です。

    Posted in

    ,

    (コメントを残すときは、記事のタイトルをクリックしてください。)


PAGE TOP