救助隊GRIMPはエリート集団


アルテリアのホームページに「危険な環境での救助」というタイトルで、GRIMP(フランスの特殊救助部隊)の訓練がアップされています。
すごいですね。
記事によれば、GRIMPはエリートの消防隊員で編成され、最低でも一ヶ月に一度の実地訓練が求められ、実際には一週間に一度が標準といいます。
入隊したりチームリーダーになったりするには、試験に合格する必要があるといいます。
当該救助は、ロープアクセスがベースになっていますから、すくなくともIRATAのロープアクセス技術はマスターしているものと思われます。
三つ縒りロープと安全帯が標準の日本の消防隊に、いつかGRIMPが生まれる日は来るのでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

PAGE TOP