ロープの切断防止はワイヤーで

勾配のある建物で調査・メンテナンスを行うとき、注意しなくてはいけないのがシャープなエッジのあるなしです。
一時期、東京都内のガラスクリーニングの現場( 勾配のある建物 )で、 ステンレス製の雨樋でロープが切断し、作業員が墜落するという事故が4件つづけざまに発生したことがありました。(3件は死亡災害)
あたりまえですが、下降中にシャープなエッジにロープ が接触すると簡単に切れてしまいます。
メインロープが切れるときは、ライフラインも切れるので危険です。
相手は刃物同然の金物ですから、巻き型養生(ローププロテクター)で低減できるような、レベルの低いリスクではありません。
こうした場合、ワイヤーを使うのが有効で、ペツルの新製品 ワイヤーストロップがおススメです。

シャープなエッジには ロープを接触させないほうが先決!
巻き型養生ではリスクは さほど低減しない。
あて布には穴が開くという不安がある。
エッジに接触する部位で ロープをワイヤーストロップに交換する。
ワイヤーは シャープなエッジに接触しても切断しない。
荷重のかかっていないロープは エッジに接触しても切れない。



5月28日のトレーンング

安衛則で定めるロープ高所作業特別教育を受講しただけでは、実際の作業に間に合わないと考えた人たちが、追加で3日間の実技トレーニングを希望されました(その3日目のトレーニングです)。
とても器用な人たちで、教える当方も楽しい一日でした。
どうぞ ご安全に!

講習にさいしては、検温、手洗い、マスク着用は、常識のご時世
エイドクライミングの練習
高さ8メートルの天井でエイドクライミング  これはもうホンチャンですね
ディフィカルトエッジの通過およびミッドローププロテクションの通過
ディフィカルトエッジの通過とミッドローププロテクションの通過-2 (ほんとにディフカルトです)
ディフィカルトエッジの通過とミッドローププロテクションの通過-3 (やったね!)
3:1のメカニカルアドバンテージ(滑車のばいりょく)で吊り上げて要救助者をレスキュー
たいしたもんだよ かえるのしょんべん みあげたもんだよ やねやのぶんどし ってか(笑)

ロープ高所作業特別教育講習会は延期になりました。

 昨日 菅総理大臣は、1都3県を対象に コロナウィルス対策の特別措置法に基づく緊急事態宣言を発令しました。これをうけて、今月15日に予定していたロープ高所作業特別教育講習会は延期になりました。
 次回開催については、お問い合わせください。