ロープの切断防止はワイヤーで

勾配のある建物で調査・メンテナンスを行うとき、注意しなくてはいけないのがシャープなエッジのあるなしです。
一時期、東京都内のガラスクリーニングの現場( 勾配のある建物 )で、 ステンレス製の雨樋でロープが切断し、作業員が墜落するという事故が4件つづけざまに発生したことがありました。(3件は死亡災害)
あたりまえですが、下降中にシャープなエッジにロープ が接触すると簡単に切れてしまいます。
メインロープが切れるときは、ライフラインも切れるので危険です。
相手は刃物同然の金物ですから、巻き型養生(ローププロテクター)で低減できるような、レベルの低いリスクではありません。
こうした場合、ワイヤーを使うのが有効で、ペツルの新製品 ワイヤーストロップがおススメです。

シャープなエッジには ロープを接触させないほうが先決!
巻き型養生ではリスクは さほど低減しない。
あて布には穴が開くという不安がある。
エッジに接触する部位で ロープをワイヤーストロップに交換する。
ワイヤーは シャープなエッジに接触しても切断しない。
荷重のかかっていないロープは エッジに接触しても切れない。



アサップのロックを解除する訓練

下降モードのレスキュー(アイディ レスキュー)は簡単ですが、アサップがロックされた状態であることに気づかずに救助をつづけると、ふたりとも宙吊りになってしまい、動けなくなってしまいます。
こうなる可能性は少ないかもしれませんが、本当に発生すると たいへんな結果を演じさせます。
じっさいに レベル1のアセスメントで発生したこともあったので、トレーニングでは わざとアサップをロックさせて、ロックを解除させる訓練が必要です。
以外と簡単じゃないんだよな、初級者にとっては…コレ
それにつけても RATAトレーニングの再開が望まれてなりませぬ。

動けなくなったった作業者を助ける
要救助者はアイディ
ロープレスキューでは初級のテクニック
救助者のアサップがロックの状態
ヤバし!
アサップのロックを解除する








いたずらに 披露しません パスノット

頼まれて10月9日、ビッグロック日吉店で、JIRAAトレを臨時開催しました。
参加者は消防士2名
一人は初心者でしたが、もうひと方は かなりトレーニングを積んでいるご様子で、中級から上級のテクニックもいくつかマスターしておられました。
それでも、JIRAA-C(初級)のテックニックを完璧にマスターしているわけではありません。

地面から約2メートルの位置に障害物となる結び目をほどこしたロープを、アイディで約1メートル登らせ、そこから約5メートル離れたところに設置したロープへ移動する、ロープトゥロープトランスファをやらせたところ、さっさとパッシングノットをやってのけ、高いところまで登り、ロープトゥロープをはじめたのです。

たこうなると、はなからバックアップデバイスがFF-1をこえるというリスクが生じてしまいます。(これでワンマイナー)
また途中でアイディが結び目にぶつかり、スタックする可能性もあります。
案の定、 めんどうなことになりました。(スイングしたらメジャーです)
初めから、移動する側のロープを、クロールで登ればよいのです。

それはともかく問題は、パッシングノットを選択したことにあります。
安全に対する認識があまいと指摘されても仕方がありません。
どういうことかというと、もし当該演者が結び目よりも上で動けなくなって要救助者となっとします。
こうなるとパスノットレスキューが必要になります。
パスノットレスキューは難しく、ミッドロープ状態で動けなくなったら、レスキューはさらに困難をきわめます。

リスクアセスメントの観点から、結び目の上はリスクのある場所なので、ロープトゥロープのためにパスノットを選択するのは不適切だということになります。

ご安全に

リアンカーの通過
フィックスエイドクライミング
ムービングエイドに切り替え
これってバイパス通過…上級者ですね
ちゃんとマスクをしてコロナ対策
たいしたもんです