ガラス外装メンテナンスのための現地調査

10月8日、久々にビルのガラス外装メンテナンスの仕事で、群馬県の伊香保温泉に行ってきました。
これまで当該建物のガラス清掃は「乗り出し作業」で行われてきたそうです。 「乗り出し作業」 はクライミングのフリーソロと同じで、バックアップがありません。失敗すれば即 墜落! グランドフォールです。(今日までどれだけの作業者が被災してきたことか…)
運よく屋根からバーティカル ライフライン(垂直親綱)を設置できたので、フォールアレストシステムを採用して、作業者を墜落から保護してきたそうです。
捕捉しますが、1.5メートルほどの庇があるため、ブランコ作業・ロープアクセスはできません。

フォールアレストシステムとは「墜落制止用器具の使用」のことですが、安全性に難があり、リスクアセスメントではリスク低減対策の「最後の砦」と位置付けられています。
難があるというのは、墜落制止用器具の使用は規則で義務づけられているものの「最後の砦」なので、抜かれたら即 墜落災害が発生するということです。
要は、法律だけでは効果が薄く、さらなる対策が必要なのです。

今回の調査で、これまでのフォールアレストシステムはそのままに、新たにワークポジショニングシステム(身体保持とでもいうのでしょうか)を採用できるよう(グリヨンの使用)、ボルトアンカーの設置を提案をすることができました。

事故発生時の作業者の救助計画は、屋根からレスキューロープを降ろして、スナッチレスキューです。
IRATA有資格者には いたって簡単で、レベル1(初級者)でもできないと困りますが、ブランコ作業のメッソドでは手も足も出ないでしょう。

フォールアレストシステムの一例
法律は遵守していますが、いいのかなぁ
グランドフォールはまぬがれても長時間の宙づりは危険です。
サスペンションイントラレンス(耐えがたい苦痛)の懸念
ケミカルアンカーと締め込アンカー
ハンガー付きステンレスボルト

アセスメント(技能審査)

8月17日、今回のIRATAトレーニングの審査が行われました。
アセッサーは、今やおなじみとなられた スカイ リー さんです。
審査を受けたのは8人で、レベル3ひとり、レベル2ひとり、レベル1が6人です。
昨日まる一日、反復練習にあてて、万全の備えでアセスメントに臨んだ受講者諸君ですが、結果はレベル1、レベル2が全員合格したものの、残念ながらレベル3が失格となりました。

レベル3の最初の課題は、ラージリアンカーのボトムにいるカジュアリティ(要救助者)を救助するもので、パスノットとの複合技でした。
カジュアリティを、いきなりクロール登りさせたので、ビックリ仰天
面白いアイディアだとは思いますが、疲れるし時間がかかります。
このとき注意しなければならないのは、クロールで登った分、バックアップデバイスもコントロールしなければならない点なのですが、これを怠ると、バックアップデバイスのフォールファクターが1を超えてしまい、やがては2になってしまいます。
アセッサーに注意を受けて、1マイナーをもらって、審査は続行したものの、パスノットにもムダな時間をかけてしまい、タイムオーバーで2マイナー…

二つ目の課題は、ホーリングとレスキューです。
天井のアイボルトにカラビナ2個でカジュアリティを吊り下げます。
いったん地面におりて、当該カジュアリティの救助計画です。
救助の条件は、ダメージロープを用いること。
要はショートリンクのピックオフと、パスノットと、ロープトゥロープの複合です。
ここでも強引な力技でカジュアリティを取り込み、ビックリ仰天させられました。
続くパスノットも、これまた強引で、おもわず笑っちゃいました。
アセッサーは、ため息をつきました。

三つ目の課題は、ラダーレスキューです。
レベル2の内容なのですが、ロープの吊元の選定が大事になります。
疲れていたのでしょうか… とうとう やらかしちまいました。
メジャーディスクレパンシー!
同じ一つの吊元に、ロープを2本とも取り付けてしまったのです。
「ダブルプロテクションの原則」を遵守できませんでした。
これは見逃すことができない大きなリスクです。
ざざ残念!

審査に落ちたとはいえ、レベル3にチャレンジされたHOSOさんは立派です。
普通、一発目の課題など、できっこありません。
次の課題も、難しかったです。
よく力でねじ伏せたものです。。
HOSOさんは、将来、間違いなく大きく成長する素質があります。
基本をしっかりマスターして、もう一回頑張りましょう。

第39回IRATAトーレーニング4日目

ロープアクセス(ロープ高所作業)に関する国内法は、作業用のメインロープのほかに、墜落を防止するライフラインの使用を義務付けています。
これは、ISO-22846 で定められた ダブルプロテクションの原則と同じですが、ライフラインを安全に使用するためには、切断の防止やスウィングの防止が大切です。
ロープトゥロープトランスファ (登・下降中のロープから隣のロープに移る )のときは、メインロープを複数使用するので、それぞれのメインロープにライフラインが必要になります。
スウィングによるロープの切断や、障害物にたたきつけられる危険から作業者を保護するため、ライフラインは 隣のロープに完全に移り変わるまで、 放してはいけません。
当該作業を安全に行うためには、4本のロープと4ポイントの接続が必要です。
【これはリアンカー(リビレイ) も同様です】
IRATAのロープアクセストレーニングは、ダブルプロテクションの原則 すなわち「2ロープ 2ポイント」及び「4ロープ 4ポイント」を作業者がちゃんと守れるよう、厳格に指導しています。