第45回:IRATAトレーニング3日目

7月27日、トレーニング3日目の画像をアップします。

エッジマネジメント
エッジマネジメント2
エッジマネジメントはリスクアセスメントです。。
レスキューのさい、アサップがロックしてしまい、下降できなくなった時の対策をおしえました。
レベル2,ロープの中間でホーリングするテクニックを練習
インストラクターはHIDEさん
レベル3,パスノット レスキュー

テンションラインでデスカッション

水平に張られたテンションライン

テンションラインというものは、レスキュー(搬送)のさい、人ひとり、または二人 の荷重がかかるものです。
水平に張られたテンションライン… はたして、これは安全か否か??
アセッサーとインストラクターの間でディスカッションが行われました。

テンションラインを張る課題は レベル2の審査の一つ
ワイヤーストロップのかけ方が不適切
負荷がかかると下方へずれ落ちる可能性が高い

アセッサーに「安全とは認められないので テンションラインを張ったレベル2は失格か?」
と問われ、インストラクターの回答は 全員がノー
「レベル2に作業計画の責任はない」
「定められた作業計画に従って業務を遂行するのがレベル2」
「レベル2はスーパーバイザーではない」
「これがレベル3の審査であれば、リスクアセスメントができていないのだから 異論なく失格!」

レベル3はスーパーバイザーです。
どうぞ ご安全に

第43回 IRATAトレーニング 3日目

6月8日、IRATAトレーニング3日目の画像をアップします。

ロープは切れる!シャープなエッジは危険因子
エッジマネジメント(リスクアセスメント)を行う
エイドクライミングを展示するナミサン
ディフィカルトエッジの通過を展示(下降モード)
ミッドローププロテクションの通過
ミッドローププロテクションの通過-2
ロープを登り返して ミッドローププロテクションの通過
ディフィカルトエッジの通過(登高モード)
ディフィカルトエッジの通過(登高モード)-2
ディフィカルトエッジの通過(登高モード)-3
セットの順番を間違うと、ロープがもつれて わややんけー
ディフィカルトエッジにチャレンジする受講者
よい子はまねをしないでねって 叱られそうですね(笑)
ツインテール墜落制止用ランヤードの正しい用法
使用しない片方のランヤードをハーネスに掛けておくのは不安全
エネルギーアブソーバーの開きが阻止され 衝撃が低減せず 危険! やってはいけません。
ツインテール墜落静止用ランヤードを使用して梯子を登る
フォールアレストクライミングを展示
ワークポジショニングの展示