第40回IRATAトレーニング3日目(ロープの切断防止対策)

10月23日、トレーニング3日目
昨日のエッジマネジメントで、切断の危険因子であるシャープなエッジからロープ保護する有効な対策として、ロープをワイヤースリングに替える方法を説明しましたが、それはビルのガラスクリーニングの現場で、ステンレス製の雨樋でロープが切断し、墜落災害が発生したことが何度もあったからです。
アルミ製の水切りの繋ぎ目でロープが切断して墜落した事例を加えると、私の知る限り首都圏で5件発生しています。
業界団体は 、メインロープのみならず作業者の命の綱であるライフラインまで切断したことに ただただ驚くばかりで、有効な切断防止対策を今の今まで出していません。(メインロープが切れるときはライフラインも同時に切れます)
具体的な対策は、会員各社にお任せということなのかもしれませんが、ロープをワイヤースリングに替える手法は、ビルの窓拭きのブランコ作業ではできっこないからでしょう。
受講者諸君に安全な作業手順を示すため、平場ながら展示を行いました。

斜面の下降途中に、ステンレス製の雨樋あり
メインロープ及びライフラインにワイヤースリングを接続
バイパスを作ってロープからワイヤースリングへ負荷を替える
メインロープよし
ライフラインよし
金属性の置き方養生の使用が合理的でない場合や布製の養生ではリスクが低減しない場合に有効

ガラス外装メンテナンスのための現地調査

10月8日、久々にビルのガラス外装メンテナンスの仕事で、群馬県の伊香保温泉に行ってきました。
これまで当該建物のガラス清掃は「乗り出し作業」で行われてきたそうです。 「乗り出し作業」 はクライミングのフリーソロと同じで、バックアップがありません。失敗すれば即 墜落! グランドフォールです。(今日までどれだけの作業者が被災してきたことか…)
運よく屋根からバーティカル ライフライン(垂直親綱)を設置できたので、フォールアレストシステムを採用して、作業者を墜落から保護してきたそうです。
捕捉しますが、1.5メートルほどの庇があるため、ブランコ作業・ロープアクセスはできません。

フォールアレストシステムとは「墜落制止用器具の使用」のことですが、安全性に難があり、リスクアセスメントではリスク低減対策の「最後の砦」と位置付けられています。
難があるというのは、墜落制止用器具の使用は規則で義務づけられているものの「最後の砦」なので、抜かれたら即 墜落災害が発生するということです。
要は、法律だけでは効果が薄く、さらなる対策が必要なのです。

今回の調査で、これまでのフォールアレストシステムはそのままに、新たにワークポジショニングシステム(身体保持とでもいうのでしょうか)を採用できるよう(グリヨンの使用)、ボルトアンカーの設置を提案をすることができました。

事故発生時の作業者の救助計画は、屋根からレスキューロープを降ろして、スナッチレスキューです。
IRATA有資格者には いたって簡単で、レベル1(初級者)でもできないと困りますが、ブランコ作業のメッソドでは手も足も出ないでしょう。

フォールアレストシステムの一例
法律は遵守していますが、いいのかなぁ
グランドフォールはまぬがれても長時間の宙づりは危険です。
サスペンションイントラレンス(耐えがたい苦痛)の懸念
ケミカルアンカーと締め込アンカー
ハンガー付きステンレスボルト

キャッチ入荷しました

産業用ロープアクセス技術に欠かせない モバイル墜落制止用器具 「DMMチャッチ」が入荷してきました。
長らく生産が止まっていたようですが、ちゃんと今年の製品です。
世にカムロック式モバイル墜落制止用器具は多々ありますが、いちばん安全性が高い(ヒューマンエラーが発生しにくい)のがDMMのキャッチでしょう。
むろん安全性においてペツルのアサップロック (ジャミングローラー式モバイル墜落制止用器具) には敵いっこありませんが、セカンドバックアップとして使用するには最適です。
とくに国内のIRATAメンバーに愛用されています。

2019年の元旦から数えて226日目に製造、シリアル番号は1065、Eは製造した機械