第49回:IRATAトレーニング5日目

11月18日、トトレーニング最終日です。
受講者の技量習得のできばえをチェックしました。
まったく問題ありません。
明日のアセスメントでは全員合格するでしょう。

ロープ トゥ ロープ トランスファ
ディビエーション
ディビエーション
パスノット
リギング:Yハング
ディフィカルトエッジ
エイドクライミング
フォールアレストクライミング
レスキュー
レベル2:ハンギングホール
ラージリアンカー:ボトム
あれっ?アサップロックがロックされているため、アイディの取り付けに苦戦しています。
ガイドなしで寄り付けるものなのか?
わややんけ
たいへんな体力消耗戦になりました(笑)

第49回:IRATAトレーニング4日目

11月17日 トレーニング4日目の画像をアップします。

エッジマネジメント:リスクアセスメント
ロープの切断防止対策について講義しました。
リアンカー
ディビエーションとディフィカルトエッジ
パスノット
動きがよくなってきました。
筆記試験をおこないました。
設問は20問
満点は出なかったものの、全員優秀な成績で合格しました。
リグフォーレスキュー
ホーリングを展示るレベル2の二人
リグフォーレスキュー
リグフォーレスキュー
ミッドロープホーリング:パスノット等のコンバイン

パスノット
やばし!
アサップロックが結び目に当たってスタックしてしまいました。

ワイヤを使用したロープの切断防止対策

シャープなエッジでロープが切れないよう
ロープをワイヤに替えました。
柵を乗り越えるため、別のロープを2本使用して、キャッチとアイディを取り付けます。
ロープの養生は、ぺツルの新製品:プロテックプラス
柵を越えます。
越えました。
アサップロックを取り付けて
キャッチを外します。
下降します。
ワイヤの下方のロープにアイディを取り付けます。
同様に、キャッチを取り付けます。
アイディを2個使用しています。
柵を乗り越えたほうのロープを、さらに下降します。
ひとりでに正規のメインロープとライフラインに移ります。
アイディとアサップロックはリリースです。
キャッチをアサップロックに替えます。
これで良し!
下降します。
下降します。