頼まれて 臨時開催 ロープレスキュー

10月16日、勤務明けの消防士3人と、ビッグロックでロープレスキュー(JIRAAトレ)をやりました。

はじめにパスノット
これで巧拙がわかるんです
手法に間違いはなし
まあいいでしょう
ノーマルなスモールリアンカーのレスキュー
いい調子です
ちゃんと理解していますね
お見事!
要救助者が高い位置でのリアンカーレスキュー
要救助者が低い位置でのリアンカーレスキュー
もっと低い位置だと手法が変わります

いたずらに 披露しません パスノット

頼まれて10月9日、ビッグロック日吉店で、JIRAAトレを臨時開催しました。
参加者は消防士2名
一人は初心者でしたが、もうひと方は かなりトレーニングを積んでいるご様子で、中級から上級のテクニックもいくつかマスターしておられました。
それでも、JIRAA-C(初級)のテックニックを完璧にマスターしているわけではありません。

地面から約2メートルの位置に障害物となる結び目をほどこしたロープを、アイディで約1メートル登らせ、そこから約5メートル離れたところに設置したロープへ移動する、ロープトゥロープトランスファをやらせたところ、さっさとパッシングノットをやってのけ、高いところまで登り、ロープトゥロープをはじめたのです。

たこうなると、はなからバックアップデバイスがFF-1をこえるというリスクが生じてしまいます。(これでワンマイナー)
また途中でアイディが結び目にぶつかり、スタックする可能性もあります。
案の定、 めんどうなことになりました。(スイングしたらメジャーです)
初めから、移動する側のロープを、クロールで登ればよいのです。

それはともかく問題は、パッシングノットを選択したことにあります。
安全に対する認識があまいと指摘されても仕方がありません。
どういうことかというと、もし当該演者が結び目よりも上で動けなくなって要救助者となっとします。
こうなるとパスノットレスキューが必要になります。
パスノットレスキューは難しく、ミッドロープ状態で動けなくなったら、レスキューはさらに困難をきわめます。

リスクアセスメントの観点から、結び目の上はリスクのある場所なので、ロープトゥロープのためにパスノットを選択するのは不適切だということになります。

ご安全に

リアンカーの通過
フィックスエイドクライミング
ムービングエイドに切り替え
これってバイパス通過…上級者ですね
ちゃんとマスクをしてコロナ対策
たいしたもんです


9月18日の JIRAA トレーニング

神奈川県の消防士の方々からのご依頼で、9月18日、ビッグロック日吉店において JIRAAトレーニングを行いました。
みなさんrescue Cのコースでしたが、C以上の実力が認められたお二人には、Bの内容を少しトレーニングしていただきました。

貸し出し器材(レンタルは無料)
エイドクライミング
エイドクライミング-2
エイドクライミング-3
エイドクライミング-4
エイドクライミング-5
ロープトゥロープ レスキュー
ディビエーション レスキュー
新人さんのトレーニングはリアンカーまで進みました。

今回のトレーニングで驚いたことは、受講者の皆さんの優れた能力もさることながら、私自身のみなぎる体力でした。
コロナ禍でIRATAトレーニングが開催できなくなってヒマをもてあまし、しかたなく裏山を駆け回ったり、クライミング三昧の日々を送っていることが功を奏したのでしょう。
まだまだ行けますョ。

追記:rescue C では問題なく使えたハーネスが、rescue Bになると使用が困難になることが判明しました。失敗なきよう、ハーネスご購入の際には あらかじめ相談ください!