やっていはイケナイ こんなこと

2丁掛け墜落制止用ランヤードを用いてラダーを登る「フォールアレストクライミング」をやりました。
これまで、高所作業の いろんな 現場に行きましたが、墜落制止用器具の不適切な組み立てを何度も目にしたものです。
まったくもって、空いた口がふさがりませんでした。
「墜落制止用器具の使用」すなわち「フォールアレストシステム」においては、正しい知識が必要です。

フォールアレストクライミング
フォールファクターは許容範囲の1を超えてはいけません。
ランヤード1本の墜落制止用器具
2丁掛けが推奨ですが、だからといって、もう1本加えるのはおバカです。
ランヤードが1本の墜落制止用器具
2丁掛けが安全だからといって、もう1本接続しようものなら、チコちゃんに叱られます。
ショックアブソーバーの並列使用になるので、墜落制止時にショックアブソーバーが伸びません。
そのため危険な衝撃が低減されず「ぼーっと生きてんじゃねーよ」と叱られちゃいます。
正しい塁落制止用2丁掛けランヤードは、ツインテールです。
作業環境によっては、胸部のD環へ接続したほうが安全な場合が多々あります。
(胸部にD環のないハーネスや、メーカーが使用を認めていないハーネスがあるので要注意)

墜落制止用器具だけに頼った作業は 墜落のリスクが最も高い

周知のとおり、来年2月から安全帯の使用が原則禁止になり、墜落制止用器具(フォールアレストハーネス)の使用が義務化されます。
要は、墜落の危険から作業者を保護するフォールアレストシステムがISOで定める国際標準と同等になるということで、ペツル製品のユーザーには何の問題も生じません。
これまでの安全教育やKY活動では「安全帯を使用すれば安全が確保される」とよく言われてきたものでしたが、実際には安全帯を使用しても墜落災害は防げなかったことから、このような法改正となったのでしょう。
だからといって「安全帯はいけません。安全は墜落制止用器具を使用すれば確保されます」と論じたりしたら、チコちゃんに叱られます。ボーっと生きてんじゃねーよ

なぜなら、墜落制止用器具による作業者の保護すなわちフォールアレストシステムは、リスクアセスメントにおけるリスク低減対策では最低レベルの「保護具の使用」にすぎないからです。
高所作業において「墜落制止用器具の使用」は最後の砦であり、これが抜かれたら墜落災害の発生です。

したがって、墜落制止用器具に頼る前に、効果の高い根本的対策または工学的対策を講じる必要があるのです。
やむをえず墜落制止用器具に頼る場合は、下方のクリアランス確保(墜落の途中で障害物に激突しないこと)および宙吊りからの救助対策が万全でなければなりません。
とくに足場の不安定な作業環境で墜落制止用器具のみに頼ると、危険きわまりないことは以下に示した写真でわかるでしょう。
ご安全に

足を踏み外したり手が滑ったりしたら間違いなく墜落します。こんなのは作業禁止です!

墜落制止時にランヤードがシャープなエッジで切断する高い可能性があります。作業禁止です!

他のランヤードで体を支えて墜落を未然に防止する必要があります。(ワークポジショニング)

U字吊りで体を保持して墜落を未然に防止する必要があります。(ワークポジショニング)

低い姿勢になることで高いリスクのフォールファクターを低く抑えることが可能です。

端部は墜落の可能性が高いので墜落制止用器具だけに頼るのは不安全です。

墜落制止用器具を使用しても リストレインまたはワークポジショニングで確保するほうが先決です!

端部では墜落制止用器具とワークポジショニング(身体保持器具)の併用で安全を確保します。

 

IRATAで安全作業に取り組む風力発電事業会社

冬至というのに連日の暖気は風車で働くロープアクセステクニシャンにとっては有難いかぎりです。
今年は「IRATAのロープ高所作業はレスキュー可能で安全だ」という評判がひろまり、風力発電事業会社の保守メンテナンス事業部(4社)の方々がIRATAトレーニングコースにチャレンジし、国際ライセンスを取得されました。
11月19日から始まるコースにも、もう一社4名のご参加が決まっていますが、みなさん普段はスカイボックス等の重機でメンテナンス作業に従事されているので、高いところからロープで下降したことは一度もありません。
それでもIRATAのすごいのは、たった1週間足らずのトレーニングでロープ高所作業に従事できるようになることです。
なぜなら、IRATAの安全ルールの最大の特徴は「作業指揮者はレベル3」と決めている点で、レベル1(初級者)だけで作業することは認めていません。
したがって、現場で直接レベル3から教えてもらうことができ、新人でも安心して働くことができるのです。
レベル3はスーパーバイザーです。安全作業の全責任を負っていますから、働く人は安心です。
北海道の風車で、ロープ高所作業の難しい技術が必要なブレード点検・補修作業がありました。
作業はレベル1 二人が従事するのですが、荷が重いので、事前にビッグロック日吉店で特別訓練を施しました。
そして作業当日、ナセル上からロープで下降してもらいましたが、どんなに訓練を積んでも、はじめて高さ80mの空間に身を乗り出すのは怖いものです。
それでもレベル3が近くにいるだけで作業者は安心です。
作業終了後は計画したレスキューも実際にやって、救助訓練が実施できました。
救助方法はリグフォーレスキューです。
ロワーリング(ロープをコントロールして降ろす)担当はナセル上のレベル1、レベル3は地上から無線で指示を出しました。
救急車が現場に到着するまでに、要救助者をちゃんと地面に降ろすことができることを確認しました。
これなら作業をやらせる側もやる側も、共に安心です。
ご安全に

リギング

リギング 2

初めての下降

初めての下降 2

初めての下降 3

ブレードに作業者が取り付いています。

良い子はマネをしてはいけません。

訓練 救助:負傷して自力で登・下降できない!

救助訓練開始

要救助者を降ろす。

ストッパーノットでASAPの流れが止まる。

ダブルIDで降ろす。

さらに降ろす。

着地