とってもよかったKOSEKIクン

コロナ禍の前の一頃、トーアスではレベル3が1発で合格するのは困難だと思われておりました。
「トーアスで受かれば本物だ」という声もあったくらいです。

審査はハンギングホールに始まり、ダミー人形をショートリンク(カラビナ2個)で吊り下げ、斜めにテンションラインを張って、そしてダミー人形をショートリンクから外してテンションラインに乗せ、床面までロワーリングさせたら、自分も下降してプルスルー(天井には何一つ残さずロープを回収)をやる。などとというコンバインドが課題になっていました。

こんな面倒くさいのは、初めて審査を受ける人が合格するにはきわめて困難で、更新の人でも不合格になることがありました。

ところが横浜のほかに、あらたに越谷、富岡、札幌の各市内に本格的なトレーニング施設ができたことから、事前の練習を積むチャンスがふえ、いまでは初めての人でも、上記のコンバインドを普通にできるようになりました。

なかでも優秀だったのは KOSEKIクン、かなりの訓練を積んできたのは一目でわかりました。
とても初めてレベル3の審査を受ける人の動きではありませんでしたから(笑)

ショートリンクからパスノットのコンバインドです。
ここでのパスノットは、
ロープクランプに2人分の荷重をかける方法は認められていません。
方法は二つ
ガチンコ勝負に出るかと思いきや…
結び目を上方にずらしてパス!
力を使わずに頭を使いました(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください