久々にロープ高所作業特別教育講習会

電気通信工事系の会社さんから、ロープ高所作業特別教育のご依頼があり、2月26日、受講者4名で講習会を開催しました。
当該特別教育は、安衛則で定められた規則ですが、安全確保の最低基準なので、真に安全を求めるならば、さらなる安全教育(実技教育)が必要です。
このたびご依頼があった会社さんは、安全に対する意識が高く、2日の追加実技教育(合計3日)の受講を申し込まれました。
りっぱです!

相も変わらず 寺子屋風の安全教育講習会
下降器による登高
高登器による下降
下降モードの器具の交換
登高モードの器具の交換
ロープからロープへの移動
ロープからロープへの移動-2
ロープからロープへの移動-3

これって IRATAレベル1の初日のトレーニングと おんなじやんけ!
そう、ハーネス等 個人用保護具の組み立て方も教えたので、必然 フィギュア8ノットとバレルノットもやりました。
とっても優秀な人たちでしたから(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください