アセスメント

12月7日と8日の両日、今回のトレーニングのアセスメント(技能審査)が行われました。
アッセンサーは、久々のピーター ウッドさん
審査が目的のトリッキーな課題も、それはそれで楽しいものですが、ピーターさんが出す課題は実践的で、たいへんためになり、よい技術が身に付きます。
さすが、私たちの国にIRATAを広めてくれた恩人です。
アセスメントの結果は、いうまでもなく全員合格
受講者のみなさん、おめでとうございます。
しかし、ここで気を抜いてはいけません。
今日の合格はスタート地点、長い長いIRATAの旅の始まりにすぎません。
レベル1はレベル2を、レベル2はレベル3を目指して奮闘努力願います。

パスノット
ラージリアンカーの通過
バーティカル エイドクライミング
ディフィカルトエッジの通過(手前)とディビエーションの通過
ロープトゥロープ トランスファ
プルスルーにアッセンションを使用するのは
ヒューマンエラーの可能性が高いとアセッサーからの指摘
パスノット レスキュー
ロープトゥロープ レスキュー
ロープトゥロープ レスキュー 2
ロープトゥロープ レスキュー 3
ロープトゥロープ レスキュー 4
レベル1 レスキュー
レベル1 レスキュー2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください