墜落を未然に防ぐワークリストレイン

ワーク リストレインは、作業者の行動を制限することによって、墜落その他のリスクのある場所へ近づけないようにする、または接触できないようにする手法です。
足場の設置が困難な場所で、墜落制止用器具を用いて作業者を墜落の危険から保護する場合の、もっとも安全な手法です。
ワーク リストレインは、とても簡単で、特別な訓練を要しませんが(胴ベルト型でも安全が確保できる)頻繁に「手抜き」が行われ、墜落災害があとを絶ちません。
IRATAは、産業用ロープアクセス(ロープ高所作業)のみならず、一般高所作業であるワークリストレイン、フォールアレスト、ワークポジショニングについても、しっかり教育を行っています。

あらかじめ作業者がリスクのある場所へ近づけない長さの親綱を用意する
その親綱をハーネスに接続する
作業者は親綱に拘束されて「危険の源」に接触できない(墜落しない)
ロープアクセステクニシャンならセカンドバックアップ(キャッチ)の使用も可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください