体重差43㎏のクロール外し

IRATAトレーニング中に、たびたび行われるタフガイチャレンジ。
今回は、ロープ上で動けなくなった体重100キログラムの要救助者を、体重57キログラムの救助者(私)が、1:1のメカニカルアドバンテージで吊り上げ、クロールを外して救助するもの。
体重差は43キログラムもありましたが、ちゃんとできました!

要救助者の体重100キログラム、要救助者の体重57キログラム
体重者43キログラム で1:1のメカニカルアドバンテージ
カウンターウエイトの巧拙が勝敗を決める
クロール外しは瞬間芸
成功

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください