体重差28㎏のクロール外し

ロープ上、クロール(チェストアッセンダー)で動けなくなった体重85キログラムの要救助者を、体重57キログラムの救助者(私)がレスキューする場合、3:1のメカニカルアドバンテージを用いるのが普通です。
さて28キログラムの体重差で、1:1の メカニカルアドバンテージ (均等倍力)でクロールが外せるものか、チャレンジしてみたところ、一瞬で外すことができました。
次は体重差30キロ以上に挑戦してみようかな(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください