美女軍団が墜落制止用器具特別教育を受講

3月15日、 ビ ッグロック日吉店で 、墜落制止用器具特別教育を行いました。
にわか作りの寺子屋みたいな会場に、来てくれたのは4人の空中パフォーマンスの女性パフォーマー!
見慣れない美女軍団に、ジムのスタッフや練習に来ていたIRATAのロープアクセステクニシャンたちはビックリ仰天、鼻の下を伸ばしっぱなしでした。

サーカスの吊り物の設置や操作およびメンテナンスは、高所作業と切っても切れない縁がありますが、その作業環境は、ほとんど作業床の設置が合理的ではありません。
くわえてパフォーマーは、保護帽の着用が絵にならない業種です。

そんなパフォーマンスが高所作業に該当するのか、パフォーマーが労働者なのかどうか、ほーりつのことはよく分かりませんが、ともかく空中パフォーマンスというものは重力に逆らって演じられるものなので、パフォーマーは墜落の危険にさらされます。
聞けば墜落事故は、演技の巧拙とは無関係に、吊り物に起因して発生することがあるといいます。
まだ事故が発生したことがない舞台でも、将来発生する可能性は否定できないといいます。(リスクアセスメントですね)
したがってパフォーマーの皆さんが、吊り物の強度等を定めた工業規格や安全な設置方法および操作方法を知りたいと思うのは当然のことだと思います。

そんなことから、このたび特別に当該特別教育の開催となった次第です。
受講者の皆さんには、たいへん喜んでいただくことができました。
※当該特別教育修了証は(一社)日本産業用ロープアクセス協会から発行されます。

トライアクトロックのコネクタに興味津々
ハーネスを装着して実技講習
ワークポジショニングには墜落制止用器具によるバックアップが必要です。
さすがパフォーマー!様になってます(笑)
保護帽の着用は ほーりつですが 職業柄 保護帽の着用は絵になりません。
それでもほーりつは遵守しなければなりませんから、
保護帽の規格:飛来落下物用・墜落時保護用の「労検」ステッカーのことを教えました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください