シャックルマンは、ジェットマンに興味津々

ロープ高所作業特別教育の実技では、いろんな下降器具の使い方を教えています。
興味深いことには、これまでシャックルを使ってきた人にジェットマンの使い方を教えると、たいへん感激するのです。
IMG_0189_R
きっとジェットマン山本インストラクターの教え方がよいのでしょう。
今年になってジェットマンは売れ行きがよく、何処のお店でも欠品状態だそうです。
メーカーさんは笑いが止まらないことでしょう。
この現象は、三つ縒りロープからセミスタティックロープへ変更する事業所が増えていることを示しています。
たしかに評判の良いエーデルリッドのロープは、このところ品薄状態が続いていました。

また、ジェットマンを使っている人に、ペツルのアイディなど安全装置付き下降器具の使い方を教えると、これまた大感激です。
IMG_0190_R
ロープ高所作業の世界標準 ISO 22846 は、安全装置付きの下降器具の使用を推奨しています。
日本のロープ高所作業も、歩みは遅いながらも、確実に世界標準に向かって歩き始めたところです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください