ロープアクセス講習会での質疑応答

4月17日に開催した、ビッグロック日吉店でのロープアクセス講習会では、受講者から重要な質問がありました。

質問1:ロープの末端が十分 地面に届いている場合は、ストッパーノットは不要ではないのか?

回答:どんな場合でも、ストッパーノットは必要です。なぜなら、次のような場合、ロープの長さが足りなくなり、ロープの末端が地面から離れてしまうからです。

1.屋上でロープの取り付け場所が変わり、多くの結びしろが必要になったとき

2.下降中にロープの損傷を発見し、パスノットによって切断のリスクを回避したとき

3.プルスルーによるロープの回収時
DSC07323DSC07325DSC07327

質問2:セーフティライン(ライフライン)は墜落の衝撃で伸びる。くわえて墜落阻止器具のエネルギーアブソバーも開く(伸びる)。したがってビルの2階から下では役に立たない。セーフティラインを地面まで届かせる必要はないのではないか?

回答:セーフティラインは墜落防止用のロープですが、もう一つの目的があります。それはレスキューです。同僚の救助に備えるため、ワークラインとセーフティラインは共に地面まで届いていなければなりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください