職長教育講習会でリスクアセスメントを担当しました。

1月14日と15日の二日間、全国GCA協議会主催の「職長教育講習会」が開催されました。場所は東京ビルメンテナンス会館。受講者は12人でしたが、実務経験者が4人しかおらず、受講者の多くは現場のメージができず、専門用語も分からない状態で、なんだか力の入らない講習会になってしまいました。DSC06886

私の持ち場の「リスクアセスメント」は、スーパーバイザーでもなければ理解できない分野なので、リスク低減措置のひとつに「専門家に相談するという方法がある」と、何度も繰り返し教えたにもかかわらず、グループ討議の際、後ろに控える5人の講師に相談するグループが一組もなかったのは残念でなりません。

講習会終了後、全員に修了証が渡されましたが、みなさん明日から現場の職長ですよ?! 大丈夫かなぁ

以下はアンケート

DSC06893DSC06894DSC06895

今年最初のブランコ作業安全講習会

1月13日、東京ビルメンテナンス会館において、今年最初で今年度最後のブランコ作業安全教育講習会(東京GCA主催)が開催されました。受講者15人。みなさん熱心に受講されました。DSC06855

ブランコ作業もロープアクセスのひとつの手法ですが、昨年から始まったロープアクセスの新国際標準 ISO 22846-2 は、まったくクリアしないのが泣き所です。

はや「三つ縒りロープ」の、「シャックル」の、「安全帯」では、間に合わない時代になったのです。DSC06870

昨年は東京で4人の死亡災害が発生しました。

今年は0災害をめざしていただきたいと思います。

ご安全にDSC06875