リスクアセスメント担当者養成研修に参加して-4

写真3:ジャミングローラー式の墜落阻止器具

写真3:ジャミングローラー式の墜落阻止器具

リスク低減措置案

ジャミングローラー式の墜落阻止器具(写真3参照)を使用します。ジャミングローラー式は、作業者の動きに連動してロープ上を滑るので、下降が快適です。墜落時に作業者がまちがって器具をつかんでしまっても、墜落は止まります。ロープ上で作業者よりも上部に留まる機構なので、墜落阻止時の衝撃荷重が低く抑えられます。ひとりでにロープが外れる可能性がないよう斬新なデザインが施されています。エネルギーアブソーバーと併用するので、墜落阻止時の衝撃荷重が6kN以下に抑えられます。本体とエネルギーアブソーバーが一体化しているので、高いところから落とす心配がありません。カムロック式と比べたら、安全性は格段に向上しています。ただし残留リスクはゼロではありません。残念ながら、この残留リスクを数値で表すことができないのが3×3のリスク配列の限界です。

  1. 今後の検討課題(残留リスク)

ジャミングローラー式の墜落阻止器具で作業者を墜落から保護するためには、滑り量+エネルギーアブソーバーが伸びたときの長さ+衝撃荷重によってライフラインが伸びる長さ+身長+地面や障害物から1m以上の確保が肝心です。現場の高さ(ロープの長さ)にもよりますが、地上約7m以下のところで、大きな墜落をするような不安全行動をしてはいけません。デバイスが正常にはたらいても、作業者が地面にたたきつけられる可能性は否定できないからです。正しい使用方法をマスターするには、メーカーが認めるところのトレーニングが必要です。経年劣化等による機能低下に備え、日ごろから点検を怠ってはいけません。また現場に持ってくるのを忘れたら役に立ちません。職長は、作業のかかる前に、こうした残留リスクを、作業者によく理解させる必要があります。これがリスクアセスメントが全員参加といわれるゆえんです。

 おしまい  ご安全に

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください