安全パトロール3

高さ130mの超高層マンションのガラスクリーニングです。

作業方法は、ロープアクセス

作業にはIRATAの国際資格を有するテクニシャンが従事していました。

ロープアクセスによる超高層の窓ふき

超高層の窓ふき2

 

ふたり並んでの作業は、万が一同僚が要救助となった場合、ただちにレスキューできるので、とても安全で、適切な作業計画のもとに行われていると感心しました。

ご使用のモバイルフォールアレスター(墜落阻止器具)は、救助の際の二人使用を禁じた製品です。アサップのような、二人使用が可能なモノに交換されると完璧です。

ご使用のモバイルフォールアレスター(墜落阻止器具)は、救助の際の二人使用を禁じた製品です。アサップのような、二人使用が可能なモノに交換されると完璧です。

 

 

 

 

超高層ビルのリアルレスキューは、ロープの重さと下降距離の関係で、トレーニングセンターの訓練どうりには行かないものなので、技量を上げるために年に1回ほど、当該現場でレスキュー訓練を行うことをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください