仙台で、ロープアクセストレーニング

9月3日 宮城県仙台市のボルダリングジム・ズィーボックスで、ロープアクセストレーニング・高所作業安全講習をおこないました。
受講者 8 名、見学者 2 名、ぜんぶで 10 名
東北在住の IRATA テクニシャンのご尽力で実現したものです。
会場のズィーボックスは、ジムオーナーのご好意で提供していただきました。

東北地方で初めてロープアクセストレーニングを開催

東北地方で初めてロープアクセストレーニングを開催

 

参加者の業種は、おもにビルのガラスクリーニングで、東京GCA主催のブランコ作業安全講習を受講されたことがある方がほとんどでした。

 

 

 

ほとんどの方がロープアクセスの経験者

ほとんどの方がロープアクセスの経験者

 

 

近年、宮城県のガラスクリーニングの現場では、リスクアセスメントのおかげで、ロープアクセス資器材の普及がめざましく、ユーザーに対する適切なトレーニングが待ち望まれていました。

じっさいにロープトゥロープトランスファーの現場があるというので、正しい手順をマスターしてもらいました。

じっさいにロープトゥロープトランスファーの現場があるというので、正しい手順をマスターしてもらいました。

 

ロープアクセス技術は、これまでのブランコの常識をやぶる、信じられないような作業ができる可能性を秘めています。

ただし、この新しい技術は、十分なトレーニングを積む必要があり、資器材をそろえてみたところで、安全に運用する技術がともなっていなければ、とんちんかん なことになってしまい、かえって不安全です。

上っ面のテクニックは、動画配信サイトからでも知ることはできますが、肝心かなめのポイントはわかりません。
見よう見まねの運用は高いリスクがともなうので、ヨーロッパではユーザーに対するトレーニング (3年更新・アセスメント付き) が義務付けられています。

何らかの理由で、ロープ上で動けなくなってしまっても、誰も助けてくれません。オンサイトレスキューは必須科目です。

何らかの理由で、ロープ上で動けなくなってしまっても、誰も助けてくれません。オンサイトレスキューは必須科目です。

 

 

今回こうして、比較的はやい時期にロープアクセストレーニングが開催できたことは、いろんな面で幸いだったとおもいます。

消防は献身的に救助をしてくれますが、想定外のレスキューは困難です。ロープアクセスに関しては、こちらがプロフェッショナルですから、オンサイトレスキューは、できてあたりまえ。

消防は献身的に救助をしてくれますが、想定外のレスキューは困難です。ロープアクセスに関しては、こちらがプロフェッショナルですから、オンサイトレスキューは、できてあたりまえ。

 

 

 

 

トレーニングが終わって、仙台のレベルは高い、というのが率直な感想です。

今回はじめてアイディ・アサップに触った人も、みんな足並み揃ってトレーニングできました。

技術の習得には、みなさんたいへん貧欲で、IRATAにもご興味を示されました。

今後、東北においては、ますますロープアクセスの普及に拍車がかかることと思われます。

このトレーニングが今回限りで終わることなく、定期的に開催できるようになればと願っています。

ご参加のみなさま、おつかれさまでした。

これからも ご安全に

最後になりましたが、トレーニング開催にご尽力いただいた各方面の方々には、ほんとうにお世話になりました。ありがとうございました。心から感謝申し上げます。

またトレーニング後に、セージンさんから頂いたご感想、『感動した!』 の一言によって、仙台まで来てよかったなぁと、じんんわり幸せ感にひたりました。
ありがとうございました。

4 thoughts on “仙台で、ロープアクセストレーニング

  1. ロープアクセストレーニングありがとうございました。
    これからも事故がなるべく少なくなるために、私達は常に練習をして 、福原さんから学んだ事を常にいかして、高所作業を
    おこなっていきたいと思います。わざわざ忙しい中ありがとございます。
    また、お時間があればロープアクセストレーニングをよろしくお願いしま

  2. おつかれ様でした。 楽しかったでしょ ♫  今度またやりましょう。 ご安全に

  3. 先日は貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
    また、来年もお会い出来る事を楽しみにしています。

  4. おお、こちらこそお陰さまで、よい時間を過ごすことができました。
    まあ来年といわずに、お近いうちにまたどうぞってが (^0_0^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください