美女軍団が墜落制止用器具特別教育を受講

3月15日、 ビ ッグロック日吉店で 、墜落制止用器具特別教育を行いました。
にわか作りの寺子屋みたいな会場に、来てくれたのは4人の空中パフォーマンスの女性パフォーマー!
見慣れない美女軍団に、ジムのスタッフや練習に来ていたIRATAのロープアクセステクニシャンたちはビックリ仰天、鼻の下を伸ばしっぱなしでした。

サーカスの吊り物の設置や操作およびメンテナンスは、高所作業と切っても切れない縁がありますが、その作業環境は、ほとんど作業床の設置が合理的ではありません。
くわえてパフォーマーは、保護帽の着用が絵にならない業種です。

そんなパフォーマンスが高所作業に該当するのか、パフォーマーが労働者なのかどうか、ほーりつのことはよく分かりませんが、ともかく空中パフォーマンスというものは重力に逆らって演じられるものなので、パフォーマーは墜落の危険にさらされます。
聞けば墜落事故は、演技の巧拙とは無関係に、吊り物に起因して発生することがあるといいます。
まだ事故が発生したことがない舞台でも、将来発生する可能性は否定できないといいます。(リスクアセスメントですね)
したがってパフォーマーの皆さんが、吊り物の強度等を定めた工業規格や安全な設置方法および操作方法を知りたいと思うのは当然のことだと思います。

そんなことから、このたび特別に当該特別教育の開催となった次第です。
受講者の皆さんには、たいへん喜んでいただくことができました。
※当該特別教育修了証は(一社)日本産業用ロープアクセス協会から発行されます。

トライアクトロックのコネクタに興味津々
ハーネスを装着して実技講習
ワークポジショニングには墜落制止用器具によるバックアップが必要です。
さすがパフォーマー!様になってます(笑)
保護帽の着用は ほーりつですが 職業柄 保護帽の着用は絵になりません。
それでもほーりつは遵守しなければなりませんから、
保護帽の規格:飛来落下物用・墜落時保護用の「労検」ステッカーのことを教えました。

墜落制止用器具の法制化でわかったロープ高所作業の安全

さて、初めから寝そべって転んだ人はいないように、フォールファクター0の状態で墜落できる人はいません。
足場のない高所作業において フォールファクター0は、もっとも確実な墜落からの保護なのです。
しかし、常にフォールファクター0を維持することは、現実的には困難です。
そのため前回、フォールファクター1までを許容範囲とするのがよいと述べました。
だからといって、やって良いことと悪いことがあります。
足場の不安定な場所で、墜落制止用器具だけに頼ると危険です。
乱暴な行為はリスクが高く、作業の現場では許されません。
対策は、画像で以下に示します。

フォールファクター1の状態です。
フォールファクターは許容範囲ですが 足元は不安定です。
綱渡りではないのですから たちまち墜落することは火を見るよりも明らかです。
こうした危ないことを良い子はマネをしてはいけません。
こんな場合はワークポジショニングで体を支える必要があります。
ワークポジショニングはフォールファクター0の状態と同じですから墜落しません。
墜落制止用器具を使用して(コンプライアンス)フォールファクター0~1を維持します。
ロープ高所作業はワークポジショニングと同じです。
メインロープで体を支えます(ワークポジショニング)
ライフラインで墜落防止を図ります (墜落制止用器具 の使用・コンプライアンス)
もはや 「ライフラインの設置」の規定は適用しないという経過措置はお笑いです。
同様に「ビルクリーニング業務での例」の挿絵も陳腐です。
ブランコ台に座るだけではワークポジショニングになりません。
かつてドイツのピットシューベルトは言いました。
「下降はフォールファクター0の連続である」と…
ひとこと加えると、ロープは登り返しもフォールファクター0の連続です。
ご安全に

墜落制止用器具でいちばん安全な状態…それはフォールファクター0

前述を繰り返しますが、フォールファクターとは「墜落の深刻度」を数字で表したもので、墜落距離をランヤードの長さで割った商がフォールファクターです。
すなわちフックが足元に取り付けられた状態がフォールファクター2、ハーネスのD環と同じ高さに取り付けられた状態がフォールファクター1、高い位置に取り付けられた状態をフォールファクター0といいます。
数値化しにくい墜落を簡単な数字で表し、数字が小さいほどリスクが低く、数字が大きいほどリスクが高いと教える方法は、とても分かりやすいと思うのですが、このような教え方は日本人は苦手です。
じっさいフォールファクターは日本語にはない言葉で、落下係数や墜落率などと言われますが、いずれも法的な根拠はないと思われます。

ともかく、高い位置にフックを取り付けていれば、墜落しても発生する衝撃荷重は小さい (まったく発生しない場合もある) ので安全です。
しかし、実務において常にフォールファクター0を維持するのは困難なので、一般的にはフォールファクター0からフォールファクター1の間を許容範囲とするのがよいでしょう。

フォールファクター0の状態です。
ランヤードは胸部のD環に接続しています。
手を離したら墜落します。
でも墜落しません。
ランヤードにぶら下がるだけです。
危険な衝撃荷重は発生しません。
フォールファクター0の状態です。
ランヤードは背部のD環に接続 しています。
手を放したら墜落します。
でも 墜落しません。
ぶら下がるだけで危険な衝撃荷重は発生しません。
しかし墜落制止用器具だけに頼った作業においては「墜落災害発生」です。
直ちに救助しないと危険な状態です。